電話:059-233-6480
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田63-1

歯医者なら三重県津市にあります川森歯科クリニック

歯科用CT

  • 歯科用CT
  • レーザー治療
Q&A よくある質問はこちら
Mobile Site 左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。
医療ネットみえ 公益社団法人 津歯科医師会

CT設備


当院では歯科用のCTを導入しております。
CTと言えば、皆様は大学病院などにあるイメージをお持ちではないでしょうか?
実際、歯科用CTを導入している歯科医院はまだまだ少ない状況です。

CTを使用した治療は、どうして必要なのか

従来のX線レントゲンでは、お口の中が2次元の平面で映ります。
CTを使用すれば、3次元の立体的な診断が可能になります。
今までのレントゲン撮影では見ることが出来なかった顎の構造なども見ることができるようになります。
より安全で、正確な治療の為に、CTが必要となってきています。

3D画像なので、患者様にも解りやすい

立体的にお口の中の状態が見えるので、患者様にもご自分のお口の中がとってもよく解ります。
ご自身の歯や骨の状態、歯周病の進行具合などを理解いただきながら、シミュレーションをたてて治療の計画をお話しすることが出来るので、より安心して治療が受けられると思います。

低料金でスピーディー

現像をする必要が無いので、短時間で画像を見ることができ、費用の負担も軽減します。

体にも優しく安心

医科用のCTと比べ、被ばく量が約1⁄8と少なく、人体への影響が少ないという特徴があります。

インプラント治療でのCTの有効性

インプラント治療では特により精密な診断を行う必要があるため、CTが有効となってきます。
従来のレントゲン撮影では、歯や骨の位置関係や距離などを正確に把握することができません。
CTを使用し、歯や骨、神経の状態を事前に把握することで、正確で安全な手術が可能になります。

歯科用CTによる診断

あごに埋まっている歯の診断

あごの中に埋まっている歯を立体的に診断することができます。

三次元の立体画像であらゆる方向から観察できます。また自由に断面図を作成して診断することができます。

歯の形の診断

歯の根の形態や数、曲がり具合、方向や長さを立体的にとらえることができますので、根の治療においても役立ちます。

歯の生えてくる方向の診断

歯が生えてくる状況について、その位置・方向や歯の完成具合を異常がないかどうか三次元画像で確認できます。

矯正治療において、特に歯の根の移動状況や支える骨の具合を立体的に診断して治療の安全性を高めます。

インプラントの診断

インプラント治療において、あごの骨に埋めるインプラントを立体的にとらえて治療計画を立てられます。

インプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断して正確に決定することができます。
神経などを避けて安全な位置、方向、埋める深さを決められます。
治療計画を具体的にご説明いたします。

歯周病の診断

歯周病で歯を支える骨がどれくらいなくなっているか?あるいは治療によりどれくらい骨が再生しているか?を立体画像で視覚的に見ることができますのでご自身の状態をおわかり頂けます。

治療計画・治療方針、治療後の評価・確認も情報を共有化することができます。

あごの骨の診断

あごの骨も立体的に撮影することができます。
顎関節症などの診断に役立ちますので、ご自身の症状を正しくご理解いただくことができます。

PAGE TOP